あまのや呉服店 Online‐Shop   お買上額5,000円(税抜)以上のお買上で送料無料となります。



マンション暮らしの一番簡単な着物の収納方法って?

投稿者 : あまのやオンライン担当 on

”キモノを通じて人生に彩りと豊かさを”をテーマに、「楽(ラク)に」「楽しく」キモノを楽しめる情報をお届けする、あまのやWEB編集部 あまのです。


先日、初めてキモノ(訪問着)をお買い求めいただいたお客様から、キモノの収納ご相談をいただきました。



「マンション暮らしなのですが、こちらの着物の保管は、どのようにするのが良いですか?

所有している着物も今はとりあえず、これだけなので、母が持っていたような桐ダンスを買うほどでもないと思うんです。桐ダンスは、マンションにもなんとなくなじまない気がしますし。。。」

そうですよね、こういうお悩みをお持ちの方、結構多いのではないでしょうか。

キモノ愛好家の方でたくさんキモノをお持ちの方であれば、桐ダンスをオススメする場合もありますが、初心者の方には桐ダンスに代わる、「キモノの休息。」という心強いアイテムがありますので、ご紹介したいと思います。



キモノの収納って、ハードルが高そうと思われがちですが、収納は進化しています。これを読めばキモノがぐっと身近になってくれると思います。面倒な方は、3だけをお読みいただくだけでも大丈夫!
キモノを所有ことを怖がらずに、ぜひ楽しんでいただければ嬉しいです。

 <今回の目次>
  1. 1.キモノの収納の基本的な考え方
  2. 2.キモノの特性と従来の保管方法
  3. 3.「キモノの休息。」の使い方



1.キモノの収納の基本的な考え方

「キモノの休息。」をご紹介する前に、私が考えるキモノ収納のポイントをご紹介したいと思います。ポイントは、こちらの2つ。

・次にキモノを着るときに、慌てずに、すぐに使えるような状態にしておくこと
・手間もお金もできるだけかけずに済ませること



数年に1度しかキモノを着ないという方も多い現代において、「いざ、キモノを着よう!」と思ったのに、「〇〇がない」「〇〇にシミがある」ということで、キモノが着られなかったなんて、残念すぎます。

そして、「いざキモノを着よう!」と思ったら、しみ抜きやクリーニングのコストや手間が発生してしまうことも、避けたいです!

そのためには、キモノの特性を理解し、正しく収納することが大切です。それが、手間もお金もかけない保管につながります。キモノも喜ぶ、自分も嬉しい、そんな保管状態にすることが目標です!

「キモノの休息。」を使うと、2点をしっかり押さえた保管が可能となるので、私は、長らく、キモノの休息。推しです!

キモノの収納を考えるにあたっては、ぜひ頭に入れておいてくださいね。


2.絹の特性と従来の保管方法

そんな理想のキモノの保管を考えるにあたって、キモノの主な素材である絹(シルク)について、少しお伝えしたいと思います。



絹は肌触りも良く、その光沢の美しさなどから人を魅了する素材として愛されていますが、長期に保管するにあたっては以下の4つの点に注意が必要です。

・湿気によって変色する
・シワになりやすい
・紫外線により変色し、強度が落ちる
・虫に食べられる

特に、湿気は天敵であることから、キモノの保管においては、通気・調湿機能の高い桐ダンスが重宝されてきました。

それに加えて、年に2回は「虫干し」が推奨されていました。

「虫干し」とは、キモノに風を通すことです。季節の変わり目、衣替えの季節に、キモノをタンスやたとう紙から出して、ハンバーにかけて陰干しすることで湿気やカビ、虫の被害を防いでいきます。

キモノにとっては、風通しをしてあげることはとても良いことですが、「なかなかそんなことをしている時間の余裕はないわ」という方が現代においてはかなり多いのではないかと思います。(ズボラな私は、とても苦手としています。。。)

でも、「キモノの休息。」を使えば、高級な桐ダンスを持っていなくても、虫干しの手間をかけなくても、こうした4つのキモノの弱点をカバーした保管が可能になります!

3.「キモノの休息。」の使い方

キモノの休息。を、ここまで強く推す理由は、使い方も簡単だからです。

キモノをたとう紙ごと入れて、付属でついている備長炭配合の「除湿シート」も一緒に入れて、ジッパーを閉める、ただ、それだけ。



ジッパーを閉めれば、湿気も虫も入ってくることはありません。

たとう紙ごと入れられるので、シワの心配も軽減されます。

保管場所も、紫外線のあたらないところを選べばよく、洋服のクローゼットやベッド下の収納などにしまっても問題なし!


なんて優秀!!!

キモノの休息。、大好きです♡


一緒に入れている除湿シートには、「再生シグナル」という湿気を吸うとマークの色が変わる目印がついています。もし、「要再生マーク」という赤色になったときには、その除湿シートだけを取り出し、乾燥させ、また一緒に収納してください。

除湿シートは乾燥させれば何度でも使える優れモノです。



さらに、私が目指している、理想の収納、

・次にキモノを着るときに、慌てずに、すぐに使えるような状態にしておくこと
・手間もお金もできるだけかけずに済ませること

この2つもクリアしてくれるのです。


「キモノの休息。」1袋には、キモノ3枚分が入るサイズとなっています。、「着物」「帯」「長襦袢」をセットにして収納すれば、次回の着用のときにも困りません。

あまりキモノをお持ちでない方は、シワに気を付けて、帯締め・帯揚げもしまってしまえば、次回着用するときにも困りません。

そして、キモノが喜ぶ環境で保管してあげらられるうえに、お値段も・・・本格的な和箪笥・桐ダンスとはケタが2ケタくらい違ってきます♡

初めて使うにしても、その価格の手頃さが、また魅力ですよね。

所有するキモノの枚数が増えたら、その分、「キモノの休息。」も増やせば良いわけです。

最近は、高級記事の洋服の収納にも活用したりもしています。何かと使い勝手のいい「キモノの休息。」ぜひ一度、お使いになってみませんか♪


「キモノの休息。」詳しくはコチラ

■■■ お問合せ ■■■

▶ お問合せフォームはこちら