あまのや呉服店 Online‐Shop   お買上額5,000円(税抜)以上のお買上で送料無料となります。



帯締めの房の整理と直し方|ボサボサにならない収納保管方法

投稿者 : あまのやオンライン担当 on

 

”キモノを通じて人生に彩りと豊かさを”をテーマに、「楽(ラク)に」「楽しく」キモノを楽しめる情報をお届けする、あまのやWEB編集部 あまのです。

先日、久しぶりに使おうと思った帯締めをみたら、、、やってしまいました。

房がボサボサ。。。

ちーん。

意外とやってしまいがちなんですよね。

でも、このボサボサ、意外とすぐに直せるんです!その日は、多少は時間の余裕があったので、気を取り直してきれいにし、無事にきれいな房でお出掛けすることができました。

ボサボサ房は意外とカンタンになおせるんです。もちろん、ボサボサ房にならないように、きちんと整理収納するコツも、あわせてご紹介したいと思います。

 

<今回の目次>

1.帯締めの房がボサボサになったときの対処法
2.帯締めの房がボサボサにならないための収納方法
  ・房カバー
  ・房カバー代替品

 

|1.帯締めの房がボサボサになったときの対処法

正絹(シルク)素材の着物のお手入れ方法には、「湯のし」という技術があります。これは、反物に蒸気を当てながら生地の巾を整えること。そうした技術の応用で、帯締めの房の部分に蒸気をあてることで直していきます。

具体的な手順はこちら。
①房の部分にだけ、蒸気(湯気)をあてます。
②手のひらで包むようにギュッと房を握ります。
③根元から軽くくしでとかします。
 ※紐が抜けないようにご注意ください。

 

蒸気(湯気)の作り方は、色々あります。多くのご家庭で出来る方法としては、やかんでお湯をわかし、やかんの先の湯気にあてること。

もし、ポットをお持ちでしたら、ポットの蓋をあけて、房に蒸気があたればそうした形でも問題ありませんし、スチームアイロンで蒸気をあてても問題ありません。

 

ご家庭の事情に応じて、どんな形でもいいので、房に蒸気をあててください。

その際の注意事項は2つあります。

・蒸気をあてるのはできるだけ房だけに

紐部分にも蒸気をあててしまうと、紐のコシが無くなってしまうことがありますので、できるだけ房だけにあてるようにしてください。

・やけどにご注意!

房の部分にだけ蒸気をあてようとすると、手も房の近くにあてがちです。うっかり指先も蒸気にあてないようにしてくださいね。

 

意外と簡単にまっすぐになりますので、一度覚えてしまえば安心です。お困りの際にはどうぞ使ってみて下さいね。

 

|2.帯締めの房がボサボサにならないための収納方法

帯締めの房がボサボサになってしまったら、上述のように直せばよいのですが、ボサボサにならないようにあらかじめ収納する、というのも一つのポイントです。

以前こちらのブログ帯締め収納ってどうしたらいいの!?|サッとできる房の始末でもご紹介の通り、帯締めごとしっかりと整理する方法もあります。

加えて、房の部分だけの整理収納方法もこちらでお伝えしますね!

 

①房カバー

まず1つ目が当店、あまのやで長年のロングセラー商品の1つでもある、「房カバー」を活用いただく方法です。

使用手順はこちら。

1,ビニールカバーを開き、紐部分に巻きつけます。

2,房部分にスライドし、揉みながら締めていきます。

 

簡単ですし、何度も繰り返し使える便利さから、長年に渡り、多くのお客様にご愛用いただいています。

 

②房カバー代用品

もちろん、別のもので代用することも可能です。以下のようなものが、個人的にはラクで便利かなと思っています。使用頻度などに応じて、使い分けても良いかと思います。

付箋紙: のりがあらかじめついているので、房部分にクルっと巻きつけ、のりの部分でペタッととめればOK!カンタンでオススメです。

包帯: 房部分にクルクルッと巻きつけるだけ。包帯同士でとまってくれるのでお手軽です。

懐紙(和紙):房を覆うサイズに切り、クルっとまるめて、セロハンテープでとめます。吸湿性の良い和紙素材なので、収納時も安心ですよね。

 

詳しいやり方などは、どうぞこちら帯締め収納ってどうしたらいいの!?|サッとできる房の始末をご参照くださいね。

|さいごに

いかがでしたでしょうか?

帯締めの房のボサボサは、地味に目についたりしてしまう部分でもあったりします。ボサボサ房になってしまったらすぐに直してあげる、ボサボサ房にならないように収納してあげる、慣れてしまえば意外と手間なく行えますので、ぜひ試してみてくださいね!

ステキな着物の着姿を目指して、「ボサボサ房へのさようなら」を応援しています!

 

                                                  

 

■■■ お問合せ ■■■

▶ お問合せフォームはこちら